スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活中に読んだおすすめ漫画-その3

その2、その3同時更新。

続いては、その3です。どうぞ!!


---------------------------------------------

meruhen_yokotyou.jpg
ミス・ポピーシードのメルヘン横丁 上下巻 山本ルンルン


僕が読んだ初めてのルンルン作品。

すっかりルンルンワールドにハマってしまって、

今では、

オリオン街   全6巻
マショマロ通信 全9巻+ワンモア+番外編
宇宙の白鳥   全3巻
シトラス学園  全1巻

も手に入れてしまった。。


ルンルン作品の魅力はデザインの可愛さだと思う。

多彩なキャラクターは勿論、世界観のデザインが素敵。

ヨーロッパのどこかにある国・シトラス公国

そこを舞台に描かれるストーリーは、なぜか懐かしい感じがする。

童話を読んでいるような、昔見た児童向けのアニメを見ているようなそんな感じ。

ストーリーも基本的には、そういう感じで、安定感がある。

でも、時々ハッとさせられる。ブラックな内容もいくつか。

子供も大人も楽しめる作品だ。

ずっと読んでいたいなーって思える。

昔感じたあんな感覚こんな感覚がいっぱい詰まってる!


この作品は、モノクロだけど、トーンのセンスが半端ない。と思っていたら、

元々カラー漫画を主に描いていると聞いて納得!


今一番入手しやすい作品がこのメルヘン横丁だと思うので、見つけて読んでみて下さい。

今一番人に薦めたい作家だな。




kaiji.jpg
賭博黙示録カイジ 全13巻
(以降シリーズとして賭博破戒録・賭博堕天録各13巻、堕天録カイジ和也編既刊9巻あり)


今さら読みましたよ。

ずっと読もうと思っていたんだけど・・・。

福本作品は、初めてではなく、最強伝説黒沢を2年前くらいに読んで衝撃を受けた。


福本作品の力は、表現のわかりやすさと言葉のインパクトだと思う。

僕が福本さんの作品の好きなところは、人間の心理について、スゴく論理的に語ってくれるところ。

だから、すごく説得力があるんだよなあ。


現在、賭博破戒録までしか読んでないので、購入しだい読みたい!



onnnanoko_no_syokutaku.jpg
女の子の食卓 全8巻 志村志保子

短編漫画って漫画好きじゃないとあまり読まないと思う。

特に少年マンガしか読まないなあって人は。

でもでも、短編漫画の中にも、当然名作も沢山あるんですよ。

おすすめは?って聞かれたらまず最初に思い浮かぶのが志村志保子さんの女の子の食卓。


全8巻。

約8年の短編連載でこの前完結したところ。


前文さらっと書いたけど、これ今のマンガ界においては凄いことだと思います。

キャラクターマンガがマンガ界を牛耳るようになってもう何年になるんだろう。

そんな中、この作品は純粋な短編連載。

つまり、一話一話独立した話なんです。

女の子と食べ物というテーマは一貫してありますが、

登場人物は毎回違う日本のどこかにいるであろう誰か。

それが8年間一定の人気を保ちちゃんと単行本も発売され、全8巻の短編集となったわけです。

すごいですよ。


丁寧な心情描写。

濃厚なドラマを短いページにまとめ挙げる構成力。

ハッとさせる展開。

一話一話とても贅沢な作品になっている。


短編集ミシンとナイフもおすすめ。

(あと、志村志保子さんが ぶ~け で描いていたと知って、納得)





bouei_mantama_nikki.jpg
防衛漫玉日記 全2巻 桜玉吉(画像は文庫版全1巻)


エッセイマンガと体験ルポマンガを足して2で割った感じかな。

玉吉さんと編集者が漫画のネタになりそうなことをやっていくって漫画(だったと思う)。

玉吉さんと編集とのやりとりが面白く、エッセイ的な部分はこのあたりにある。

絵のタッチがどんどんどんどん変わっていくスゴい漫画。

作者のテンションがそのまま筆に乗っかっている感じ。

そういう意味では、忙しい漫画ではあるが、それが魅力なのだ。


続編として幽玄漫玉日記、御緩漫玉日記と続くが、

絵のタッチがどんどん変貌していくのにも注目!


あと、女の子が可愛いんだよ。ぱそみちゃんとトクコちゃんが可愛すぎる。

最近ビームで短編描いているみたいなので、要チェックやわ!



syuhuno_seikatu.jpg
主婦の生活 全1巻 山上たつひこ(画像は完全版 全1巻)


初めて読んだ山上作品は、光る風。

戦争下でもがき苦しむ主人公を描いたシリアスな作品だった。

次に読んだのは、喜劇新思想体系。

最高に最低な下ネタのドタバタなギャグ作品だった。


この作品は、なんて言ったらいいのかな?

日常に潜むミステリーがなんとも独特の雰囲気・緊張感で描かれていて、

ある意味でホラーであり、ギャグでもある。


読んで「スゲーーー」と言って鼻息を荒げるような作品ではないけど、

ひっそりと、「あれ?これすごい作品なんじゃないか?」って思わせる作品。

読んだあと、静けさが残る。

それにある種の恐怖感や狂気を感じる。


不思議な作品だ。


--------------------------------------------


以上、就活中に読んだおすすめマンガの感想でした。

更新が遅れてしまってすみませんでした。

また、おすすめマンガをたくさん見つけたので、ちょっとずつ紹介していこうと思います。



だわ、また。











スポンサーサイト

就活中に読んだおすすめ漫画-その2

遅れてすみません。その2、その3と同時更新です。

でわ、スタートです。

------------------------------------------

kyouko_to_tousan.jpg
響子と父さん 全1巻 石黒正数


作者のセンスが、凄く独特で面白かった。

ギャグとシュールの境界線上を心地よいスピードで駆けている感じ。

作者独自の世界が作品内にあって、それを楽しむのもまた一興。

ファンの心をガッチリ掴む作家だと思う。

同作家の「それでも町は廻ってる」を読んで思ったのだけど、

リアリティとファンタジーの垣根なく、その間を違和感なく行き来するように描ける人なのかなと思った。

いやー、すごいっすよ。ほんとに他にいない作家だと思います。


この作品は、ネムルバカという作品の後日談的な話でもあるため、

ネムルバカを読んでちょっとすっきりしない部分があった私は、この作品を読んで良かったと思った。

なので、ネムルバカと合わせて読んで欲しい作品です。


石黒正数さんの外天楼もおすすめ。ホント世界観に惚れる。




sorahai.jpg
空が灰色だから 既刊1~3巻 阿部共実


私事ですが、いい作品と出会えたなと思う。

東京でお世話になったMさんから借りて初めて知った作品。

たぶん貸してもらわなかったら、あと数年ぐらい知らずに過ごしていたことだろう。


この作品についてはイメージで語らせてもらう。

この作品のイメージは、赤の水玉模様。

話により地の色が白にも黒にもなる。

つまり、作品のカラーが話によってガラッと変わるんです。(ほのぼの、ハイテンション、鬱、ホッコリ、ホラーなど)

あと、どこかグロテスクな空気が漂う。(グロテスクな表現があるわけでわないんだけど)

植物の絵描き方とか、漂う雰囲気に華倫変と似たものを感じる。(この発言は異論ありそうだけど)


チャンピオンで今一押しの作家なんじゃないでしょうか?

僕個人すごく気になっている漫画家の一人です。魅力的なキャラクターがたくさんで大好きな漫画です。



hensyuuou.jpg
編集王 全16巻 土田世紀(画像は文庫版第1巻:全10巻)


明日のジョーが大好きで自身もボクサーとなった主人公。

しかし、志半ばで引退を余儀無くされた。

漫画編集者の昔からの友人のつてで出版社でバイトを始める。

主人公は編集の世界に魅了され、編集王になることを決意する。


編集を題材にしたスポ根ものだと思う。

特に最初からマンボ好塚編までが熱い。

絵もこの時は影の書き込みがこれでもか!ってぐらい多くて、作者の意気込みを感じる。

明治の話は、少し人情臭い気もするが、個人的には思っていた以上のところに着地したので、驚いた。

マンボ好塚編、明治編がお気に入り。


遅ればせながら、土田世紀さんのご冥福を祈ります。



aianmassuru.jpg
アイアンマッスル(復刻版) 全1巻 園田光慶


貸本劇画時代に活躍した漫画家の1人。

僕がこの漫画を知ったのは、BSマンガ夜話のホモホモ7の回で、

マンガコラムニストの夏目房之助さんが自前のアイアンマッスルの貸本版を紹介していたことがきっかけです。


このマンガの演出と構図は今見ても迫力満点でカッコイイ!特に冒頭のシーンとか銃で人が撃たれるシーンとか。

今読むと、ストーリーなど突っ込みどころが多いのですが、

アクション映画を見るようなかんじであんまり考えず読んでみて下さい!



gin_no_saji.jpg
銀の匙 既刊1~4巻 荒川弘


マンガ大賞受賞したことは知っていて気にはなっていたんだけど、しばらく手をつけずにいた作品。

だけど、読んでみて納得。面白いわ!!


進学校に通う成績優秀主人公は、親の反対をよそに農業高校に入学する。

初めて触れる世界に最初こそ戸惑うものの、クラスメイトや動物たちと過ごす中いろいろな経験をしていく。


主人公が命を喰うという問題に主体的に関わり考え続ける姿にスゴく好感が持てる。

それでいて、暗く重くならずに描けているのがすごい。普通に面白い作品だと言えるもん。ギャグも笑えるし。

雷句誠先生がどうぶつの国で、ファンタジーの世界で新しい切り口で「喰う」を描いているが、

荒川弘先生は銀の匙で、リアリティのある世界で真っ向から「喰う」を描いている。

似たテーマの違った切り口の作品をリアルタイムで追ってけるって、ホント幸せ。


あと、 銀の匙の評価できる点は豚を可愛いさを伝えたということ。

将来ペットとして豚を飼いたいと結構本気で思っている僕としては、

よくぞやって下さいましたと言わんばかりに感激しました。

豚の可愛さはピカイチ!


ハガ錬も近々読む予定!!



bara_datte_kakeru_yojpg.jpg
薔薇だって書けるよ 全1巻 売野機子


実は感想記事の更新が遅れたのは、売野さんのマンガの感想がうまく言葉にできなかったのが原因です。

大好きな漫画家のひとりであることは確かなんです。

パッと浮かんだのが、

「平成の大島弓子を挙げるとしたら、一番最初に思い浮かぶのが売野機子さん。」

ってぐらいで、困ってまいます。これだと感想ではなくて分析だ。

売野さんについては、大島弓子含めて、後日改めて感想を書こうと思います。

その時は、作品のネタばれ等含めて書かせていただくかもしれないので、ご了承ください。

(その際は、その旨を記事冒頭で記述します)




その3へつづく・・・


でわ、また。










就活中に読んだおすすめ漫画-その1

就活中に読んだ漫画の感想をこれから3回に分けて書いていきます。

漫画の感想は、研究室の実験の合間にしこしこ書きためていました。

第1弾 スタート!!

----------------------------------------------

七夕の国 全4巻 岩明均
tanabata_no_kuni.jpg


フィクションだってことはわかってるんだけど、ノンフィクションなんじゃないかと思わせるほどの説得力がある。

手塚治虫のノーマン読んだ時以来の感覚。

寄生獣を読んだ時も思ったんだけど、この人の作品は、ストーリーや設定、作画すべてを

基盤からしっかりとぬかりなく積み上げているイメージ。

ちょっとやそっとじゃ揺るがない。

実直さが伝わる。

あとは、主人公のキャラクターがユルい感じで、いい意味で緊張をほぐしてくれた気がする。

そして、この人の描く女性がすごく魅力的。

ヒロインの子に恋したもん。




凉子さんの言うことには 全1巻 ヤマザキマリ
ryoukosan_no_iukotoniha.jpg


作者のヤマザキマリさんが子供の時、単身ヨーロッパへ行った頃の話をもとにした自伝的漫画。

テルマエ・ロマエで知られる作者だが、

この作品はテルマエと違って、少女漫画や女性向け漫画の文法にあって個人的にすごく好み。

これよりも前の話を描いた作品もあって、この前 新装版が出たみたいなので読みたい。




本気のしるし 全6巻 星里もちる
honiki_no_sirusi.jpg


地味で目立たないんだけど、なんだか放っておけない女。

女はそれを自覚しているのかしていないのか、主人公は彼女に翻弄され、人生の歯車が狂い始める。

これ、すごいのが、魅了「する」のではなく「される」ってところが上手く描けている。

女の腹の内は最後の方までわからないんだ。

怖い。

目の前に現れたら、やっぱり放っておけないんだろうな。




友達100人できるかな 全5巻 とよ田みのる
tomodati_100ninn_dekirukana.jpg


「友達100人つくれなかったら人類滅亡」

宇宙人から、主人公(小学校教師)に課せられたミッション。

小学生時代にやってきた主人公(体は小学生)が友達づくりに奮闘する物語。



すべてのとよ田みのる作品に言えることだけど、一話一話しっかり物語を見せてくれて贅沢な作品だと思う。

ストレートな絵とセリフが染みる。

個人的に主人公と同じ境遇の子供たち(同じミッションをかされた中身は大人)の話がぐっときた。

んで、考えた。

僕は時間が好きなんだ。

数年~数十年単位の時間。

移り変わって行くものが好きだ。

人の中に垣間見える時間が好きなんだと思う。

そんな事を思った。

やべっ、読み返したい。




ハイスコアガール 現在2巻まで 押切蓮介
haisukoaga-ru.jpg


押切先生の描く女の子はどうしてこんなにも可愛いのか・・・。

しみじみ思う。

主人公の男の子が性格がいいせいかモノローグの切れが若干悪い気がするが(若干ですよ)、

ゲーム愛溢れる作品になっている。

愛のある作品は好き。

僕は、そんなにゲームしていたわけではないけど、何か懐かしい感じがした。

女の子との距離感とかね。

小学校の頃はとにかく外で遊んだり、ゲームしたり、カードしたりと遊んでたな。楽しかったなあ。

押切先生のピコピコ少年、ピコピコ少年TURBOもおすすめ。



HER 全1巻 ヤマシタトモコ
her.jpg


就活中に読んだ漫画の中では、一番衝撃だった作品。

しっかりと大切な気持ち・感情を描いてくれている。

自分が好む女流漫画家特有の魅力がふんだんに詰まっている。

この人の漫画は、鋭利だ!!かっこいいんだ、ホント。

最後のエピソードの男と女を言い表した格言は見事だ。

興味ある方は是非読んでみてください。

あと、この人の描く目付きの鋭い女性の流し目がヤバいよ。

ゾクゾクってする。



-----------------------------------------

1時間半ぐらいかけて書いた記事がバックスペースキーを押したことにより、

ブラウザが戻ってしまい消えてしまった。

この記事は、そのあと1時間かけて書きました。

ブログ記事はメモ帳に書いてから投稿しましょうね!!

ハーっ…。



残りも後日書きますね!



でわ、また。




就活中に読んだおすすめ漫画(7月8日に書いた記事)

以下は、7月8日に書いた記事ですが、下書きのまま公開していなかったものです。

---------------------------------------------

就活中に読んだおすすめ漫画を紹介します。

結構、量が多いので、とりあえず一覧を書いて、

○をした一部の作品の感想は、おいおい書けたらと思っています。

でわ、いきます。 


作品名読んだ巻数作家名  
骨の音全1巻岩明均
七夕の国全4巻岩明均
ロンリープラネット全1巻売野機子
涼子さんの言うことには全1巻ヤマザキマリ
珈琲時間  全1巻豊田徹也
マエストロ全3巻さそうあきら
きんしされたあそび全1巻町田ひらく
YOUNG&FINE全1巻山本直樹
空気人形全1巻業田良家
ブラックジャック創作秘話全1巻作画:吉本浩二
原作:宮崎克
ふうらい姉妹2巻長崎ライチ
オトメの帝国2巻岸虎次郎
モテキ全4巻+4.5巻久保ミツロウ
SWWEEET全2巻青山景
本気のしるし全6巻星里もちる
ネムルバカ全1巻石黒正数
友達100人できるかな全5巻とよ田みのる
ギチギチくん全1巻丸尾末広
外天楼全1巻石黒正数
学園アリス26,27巻樋口橘
ハイスコアガール1~2巻押切蓮介
HER全1巻ヤマシタトモコ
海月姫9巻東村アキコ
3月のライオン7巻羽海野チカ
サタニック・スイート全1巻ヤマシタトモコ
ねじまきカギュー4,5巻中山敦支
響子と父さん全1巻石黒正数
BUTTER!!!1,2巻ヤマシタトモコ
空が灰色だから1巻阿部共実
編集王  全16巻土田世紀
アイアンマッスル全1巻園田光慶
銀の匙1~3巻荒川弘
ハンター×ハンター30巻冨樫義博
薔薇だって書けるよ全1巻売野機子
青い花6巻志村貴子
僕らの漫画全1巻東日本大震災
復興支援コミック
日々ロック3巻榎屋克優
寿司ガール2巻安田弘之
ミス・ポピーシードのメルヘン横丁上下2巻山本ルンルン 
ヤスコとケンジ全5巻アルコ
賭博黙示録カイジ全13巻福本伸行
女の子の食卓 8巻(完結) 志村志保子
防衛漫玉日記全2巻桜玉吉
ブロイラーおやじFX全1巻桜玉吉
主婦の生活全1巻山上たつひこ


以上、全45作品でした。



感想も、おいおい書いていけたらなと思ってます。



でわ、また。


今週の3月のライオン感想(2011/12/9)

今週の3月のライオンは巻頭カラー

オムライスを前に笑顔のひなちゃん

読みました。

内容には触れませんので、安心してください。



以下、感想

いろいろな事で疲れ切ったひなちゃんの表情や言葉

僕はそれらに彼女の「強さ」を感じた。

傷ついた心

ボロボロになりながらも、逃げ出さなかった彼女の姿を

「強さ」と思った。 そう信じたいと思った。



そんな彼女の未来は(ホントは今もかな)、明るいと思うのだ。

明るいというか、あたたかい かな?

あ、そっか!

彼女の名前は ひなた だった。

つまり、そういうこと!



もっと描きたいけど、ネタばれになりそうなのでここらへんでやめときます。



羽海野さんには、一生分のものもらったつもりでいたけど、

まだまだもらえそうである。

この時代に生まれてよかったと本気で思う。



僕が東京に入れるのもあと3週間

ラストスパート、がんばるぞ!



でわ、また。



*追記

再来週の12月22日発売のヤングアニマルに

以前、このブログで紹介した 井藤ハローさん の新作読み切りが載るみたいです!!

タイトルは「もふもふの心得」

気になるタイトルだな… どういう漫画なんだ?

今度は本誌に載るんですね!!すごい!!

楽しみ!!
プロフィール

itakayuki

Author:itakayuki
今後自分がどのようにマンガとかかわって生きていこうか模索中の社会人です。
とりあえず、マンガ描きたいのでマンガを描いていく予定です。
<社会人、なんだかんだ東京に戻ってきました>

音楽はロックを好む。
プロフの画像は、大好きなブタを描きました。

連絡先:
itakayuki.manga@gmail.com


【マンガク投稿作品】
寂しさと僕と…
ある高校生の話
らんぶるくん 第01話

-----------------

東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト
https://twitter.com/MxIxTxBx/

表現規制に反対します!!


【参加予定イベント】
・コミティア111
2014/2/1 ビックサイト
申込中

【終了イベント】



maimai

カテゴリ
ツイッター
最新記事
最新コメント
復刊リクエスト
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。