FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕とエヴァ

エヴァンゲリオンの新劇場版の破をこの前DVDで見た。

シンジはカッコ良かった。

俺の知っているシンジじゃないって思った(破を見るのは4回目だったけど・・・)。

でも、泣けて泣けて仕方がなかった。

うれし泣き

気持ちを要約して描くと

「そうだよ。そうだ!!シンジ。やっぱり、やるべきなんだ。

自分の気持ちをもって、今、今やるべきだ。行け。

行けーーーーーーーーーーーーー!!」

という感じ。よくわからないかもしんないですが、まあとにかく熱い気持ちになったのです。

たぶん、昔のエヴァを見ているからっていうのは、あると思います。

新劇だけでも楽しめると思うけど、旧エヴァを見てからの方が楽しめると思います。



リアルタイム世代じゃないですが、僕が最初にエヴァを見たのは、僕が中2のとき

シンジたちと同い年。

正直、よくわかりませんでした。ただ、ひきつけられる何かが合って、ずっと引っかかっていました。



そのあとも、何回か見直したと思うけど、

高校2年のときに、クラスで友達もできず、何かもうわけわからなくなっていた時期があって

そのとき、エヴァのTV版の25・26話と旧劇場版「Air/まごころを君に」を一週間のうちに

何回も何回も一時停止と巻き戻しを繰り返しつつ見返すという奇行をやったことがありました。

何か答えがあるような気がして。

親がどんな気持ちでその成り行きを見守っていたかと思うと胸が痛い。

(部屋にテレビがなかったので、リビングのテレビで見てた)



その作業を通して、やっとシンジが「おめでとう」に至るまでや劇場版のシンジの気持ちの変化などを

読み取ることができました(と自負しています)。



だから、僕にとってエヴァはすごく思い入れのある作品なんです。

まあ、僕みたいな人いくらでもいるんでしょうけど。

だから、新劇場版はちょっと受け入れられない自分がいて

別物として見てたんですね。旧作と関係するところがあることはまた置いといて。



でも、原因はわからないけど、この前新劇の破を見返した時、

旧作の延長線で受け入れられて、だからこその感動があった。

僕のなかで何かしらの心情の変化があったのだろう。

今、ぼくは完全に新劇場版のエヴァを受け入れる体制が整った(なんだ、それ)。

だから、来年公開の「Q」が待ち遠しい。

7年前の自分に感謝。よくぞエヴァを見てくれた!



ゆっくり待ちます。



でわ、また。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itakayuki

Author:itakayuki
今後自分がどのようにマンガとかかわって生きていこうか模索中の社会人です。
とりあえず、マンガ描きたいのでマンガを描いていく予定です。
<社会人、なんだかんだ東京に戻ってきました>

音楽はロックを好む。
プロフの画像は、大好きなブタを描きました。

連絡先:
itakayuki.manga@gmail.com


【マンガク投稿作品】
寂しさと僕と…
ある高校生の話
らんぶるくん 第01話

-----------------

東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト
https://twitter.com/MxIxTxBx/

表現規制に反対します!!


【参加予定イベント】
・コミティア111
2014/2/1 ビックサイト
申込中

【終了イベント】



maimai

カテゴリ
ツイッター
最新記事
最新コメント
復刊リクエスト
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。