FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の自分の言葉

ブログで何を書こうとか考えながら、メモを取っていたら

大きく分けて7つぐらいテーマが出てきて、これ書いてたら朝んなっても終わんねーや

と思って、とりあえず2つほど簡単に書きます。



まずは、竹原ピストルさんのライブを見に行ってほしいなということ

前の記事に野狐禅(竹原さんがやっていたバンド)のことを書きましたが、

最近ずっと聴いています。毛皮のマリーズの新譜も買ったけど、まだ全然聴いていない。

別に聴きたくないわけじゃなくて、今は、竹原さんの唄が聴きたいってだけで。

マリーズは後でゆっくり聴きます。

話題で言ったら世間的にはマリーズ何だろうけど、このブログでは自分の中の話題を書きます。



なんで、竹原さんを聴いてもらいたいかというと、数少ないこのブログの読者は

少しは、僕が書いている記事に興味を持ってくれているんだと思います。

僕と少しでも近いものを持っている人たちなのかなとかも考えたりします。

で、そういう人たちにやっぱり聴いてもらって、そして打ちのめされてほしいなと思うんです。

「本物」の人を目の当たりにして、自分はどうなのか。

(正確には僕が「本物」だと感じている人。僕の思う本物はジャンルとかそういうものをこえる人だと

僕は考えています。)

竹原さんの曲を聴くと、必然的に自分と向き合わざる負えなくなる。

特に表現者を心指す人は必見・必聴・必感です。

(これを読んでる人の中にそういう人もいると信じて)

竹原さんの歌一つも知らないんだけど、って人は心配いらないです。

僕も初めて見た時、知っている歌は2つくらいだったし、

ライブで唄った歌は、全部知らない歌だったから。

それに、無理やり曲にノるよう強制したり、

そういう雰囲気を作るようなことはしない人だと思うので。

(僕が見たライブでは、自然に手拍子が起こっていました。)



今、その「本物」の人は、全国を回っています

僕の通っていた大学(また、戻るよ)のある仙台(第二の故郷)にも、

9月29日にライブをやるみたいです。

偶然にも、僕の誕生日。

まあ、だからどうしたって話ですが、

誕生日の日、僕は「そういえば今日仙台で竹原さんライブやってんだよな。」

なんて思うんでしょう。

僕は、年末に東京でのライブを聴きに行こうと思っています。

そのころには、2作目のマンガも完成させられると思うし。

いや、完成させろよ、オレ。

そんな感じで、まあ、今 僕は竹原さんの歌に魅せられているということです。


(なんか、読み返して押しつけがましい気もしたので、時間があったら行ってみてくださいということで。

みなさん、それぞれ自分のことで忙しいと思うので。

なんかこういうことを読者に呼びかけるのはやりすぎな気もしますが・・・。)




もう一つは、今の自分の言葉で表現したいということ。

漫画での表現についても言えるのですが、ここでは普段の生活の中での言葉について

東京に来てから、自分のこれからの指針というかスローガンみたいなものを、

紙に書いて壁に貼りつけるという事をやっています。

自分が考えたこと ・ こうあるべきじゃないかということ をA4の紙に書いて貼ります。

しかし、4月に書いたものとかは、自分の中で、少しずれてきているような気がして、

この前いったん全部はがしました。

で、そこから、また新しく今の自分の気持ちをまた紙に書こうと思いました。

何が言いたいかというと、

言葉は時に人を突き動かし、時に人を縛り付けるということ。

それは、どちらも言葉が力を持つがゆえだと思います。

そういうことから、キャッチーな言葉や他人の言葉を信じすぎるのは危ない気もします。

自分の言葉も危ういんだからというか。

僕自身、いろんな人の言葉に支えられているのは確かですが、

やっぱり自分の言葉に変換することは大切だと思う。

それこそ、考えることの根本な気もします。

だから、僕は、一日一日、僕が書いた言葉たちを読んで、ズレがないか確かめながらやっていこうと思う。

たぶん、そのとき、そのときで自分自身に必要な言葉ってあるような気がする。

今は、そんなふうに思う。どうなんだろう?

別に疑心暗鬼になる必要はないのかもしれないけど。

でも、自分の言葉を見つけていくことは大切なことのように思う。



ちなみに、剥がした言葉たちは、目につかないところに保管しておくよ。

あの時、どんな事考えてたんだっけとか考える時の参考としてとって置くのさ。

未練がましいかなあ…。

実はこういうものの収集癖が僕は結構ある。

今は捨てたくないと思うので、取っておこうと思う。



これ以上書くと、収拾つかなくなりそうなので、これくらいで・・・。



ネーム描こ。



でわ、また。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itakayuki

Author:itakayuki
今後自分がどのようにマンガとかかわって生きていこうか模索中の社会人です。
とりあえず、マンガ描きたいのでマンガを描いていく予定です。
<社会人、なんだかんだ東京に戻ってきました>

音楽はロックを好む。
プロフの画像は、大好きなブタを描きました。

連絡先:
itakayuki.manga@gmail.com


【マンガク投稿作品】
寂しさと僕と…
ある高校生の話
らんぶるくん 第01話

-----------------

東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト
https://twitter.com/MxIxTxBx/

表現規制に反対します!!


【参加予定イベント】
・コミティア111
2014/2/1 ビックサイト
申込中

【終了イベント】



maimai

カテゴリ
ツイッター
最新記事
最新コメント
復刊リクエスト
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。